ホワイトデーの宣伝をしよう

日本では季節ごとに様々なイベントがあります。毎月のようになんらかのイベントがあると言っても良いです。これは消費を刺激する効果が期待できますので、小売店はのぼり旗をうまく活用してたくさんの道行く人たちに宣伝すべきです。

バレンタインデーほど騒がれないので、ホワイトデーの特設会場を作ったら、のぼり旗を使って集客すると良いかもしれません。女性からチョコレートなどをもらったけれど、お返しに何も買っていない男性は意外と多いかもしれません。そう言う男性に対して、どんどん宣伝した方が良いです。

会社へ行く時にのぼり旗を見て、しまったと思って急いでお店に入って買い物をする男性はきっと多いでしょう。不特定多数に見てもらえることが大きいです。年齢層も関係ありませんし、幅広い人が見てくれます。

のぼりで思い出す

想像以上に多くの男性が足を運ぶかもしれません。もしかしたら、女性用の商品がたくさんあると思って女性もたくさん足を運ぶ可能性もあります。女性へのお返しとして男性が購入するものですから、最初から女性が購入して自分用にすることもあるからです。男性に対してと思ってのぼり旗を使うかもしれませんが、女性も来店して売り上げアップが期待できます。

 

ギフト商品があることを知ってもらう

小売店と言っても、中に入らないとどのような商品が置いてあるのかがよくわからないことがあります。せっかく良い商品を並べていたとしても、それを見てくれるお客さんがいなければ、売れなくなってしまいます。一人でも多くの人に良い商品があることを知ってもらいませんか。

ギフト商品は季節ごとに贈っている人もいますし、需要があります。それが店内にあることをのぼり旗を使ってどんどんアピールしませんか。これをやるとやらないとでは大きな違いがあります。お店の近くを歩いている人であれば、どんな人にも見てもらうことができますので、大きな宣伝効果が期待できるからです。

街を歩いていると、のぼり旗をついつい見てしまいませんか。多くの人が見ていますので、1本でも置いておくだけで宣伝効果があります。何本も置いておけば、より一層宣伝効果が高くなるでしょう。

意外となんらかのイベントなどでギフトを買わないといけないのに、すっかり買い忘れてしまうことってありませんか。そんな時に、のぼり旗に救われることがあるかもしれません。必要としている人だけではなく、のぼり旗を見て興味を持った人まで来店するかもしれないので、活用しましょう。

来店のきっかけ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)