のぼり旗で文字のみオーダーする場合

のぼり旗で、文字のみをオーダーする場合には、通販サイトで
予め用意されているデザインをまず決めます。

その上で、配置する位置や文字を指定しますので、どんな文字を入れたいのかを
しっかりと検討しておく必要があります。

全てをデザインするタイプではないので、手軽に目立つのぼり旗を制作してもらうことが出来ます。

デザインまでオリジナルにする必要がなく、文字のみのオーダーであれば、
納期も比較的短くなりますし、それだけ単価も落とすことが出来ます。

通販サイトでは、カラーも豊富で多彩なデザインを取り揃えているので、
その中から希望のデザインを指定して文字のみを入れてもらうことで、
完成出来るのでとても便利です。

しかも、文字だけであっても、店名やセール、キャンペーン、売り出しなどの
アピールが出来てインパクトがあるので、宣伝や集客にとても役立ちます。

こののぼり旗は、高画質で高濃度で制作してもらえますし、たとえ1枚からのオーダーでも
対応可能なので安心して依頼が出来ます。

デザイナーにのぼり旗をデザインしてもらうメリット

のぼり旗は、それを見ることで販売したい商品がすぐにイメージできるものである以上
商業用看板と同じです。

多くの御客に見て来店してもらうために目立っていることが必須ですので、
もちろんのぼり旗も美しくきれいなデザインで目を引くものが最適です。

そしてのぼり旗の目的である集客するには、やはりそこに訪れるのをワクワクさせたり、
店にはいって買い物をしたと思わせるような人の好奇心をくすぐるものがいいのです。

それには専門のデザイナーにのぼり旗の作品を依頼するのもいいです。
主に商業ディスプレイを得意としてデザイナーであれば、どう見せるかということに
精通しているために一般の方では思いもつかないアイデアのものを提示してきますので、
必ずと言っていいほど集客力をアップします。

しかしながら相手が有名であればあるほどそのデザイナー料は高額になりますが、
その費用もかけても価値ある投資になり、お店のイメージ向上にもつながると思われます。

四方三巻縫製ののぼり旗は丈夫で長持ち

三巻縫製とはのぼり旗のほつれ防止や補強のために生地を二回折って
ミシン掛けをすることを言い、中でも四方三巻縫製は
のぼり旗の四辺全てに三巻縫製を施したもので、最も丈夫で長持ちする
仕立て方になります。

現在のぼり旗の多くには化繊が使用されており、裁断と共に布端を熱処理する
ヒートカットが主流ですが、一昔前までは天竺や金巾など
天然素材の布地が主流でした。

当然熱で溶けたりしませんので縫って仕上げます。
天竺や金巾はポンジより厚みがあり、綿独特の素材感や風合いが特徴です。

シェア率は安価な化繊に押され気味ですが、和風で上質感溢れる仕上がりになります。
もちろん四方三巻加工は化繊生地を丈夫にしたい時にも有効です。

ヒートカットでも十分ほつれ防止になりますが、屋外で強風にさらされる場所での使用が
予想される場合に加工を施しておくと旗自体が長持ちします。

ミシン掛けの分時間がかかりますので、大量にオーダーする時は納期に充分余裕を
持っておきましょう。

のぼり旗に採用されている縫製の種類は?

一般的な長方形ののぼり旗の場合、2辺は棒に引っ掛けるためのループが
付けられているのでしっかりと縫合がされていますが、外側と底辺部分は
布端が風に揺られてほつれる可能性が高い部分でもあります。

外に設置されることも多いのぼり旗では、ほつれのトラブルがないように
しっかりと布端の処理がされています。

のぼり旗は布で作られているため、布である以上は布端があるので
そのままにしていればほつれてしまいます。

ヒートカットなら、熱によって糸同士を溶かしてくっつけてしまうので、
ほつれに対する心配もありません。布端がごわつかずにすっきりとしていて、
見た目の良さもあります。

また、この部分の縫製の種類としては三つ折り処理がされていることも多いものです。
三つ折りとは、布端を1㎝程度の幅で二回折ることで
布が三枚重なった状態のことを言い、風で揺られたのぼり旗が
壁などの物に当たってこすれても、三枚の布でほつれを予防してくれます。