のぼり旗に合う書体の選び方

のぼり旗は、その旗を一瞬で見たときに見る人を惹きつける
ものでないとダメです。

その旗に書いてある字がそれを見て内容やイメージを理解できる
ものでないと効果が薄く、目にうったえる広告ですので、そこに
掛かれている書体も用途にあったものにする必要性があります。

書体

たとえば飲食店などでそば粉の十割の日本そばをメインに
しているところであれば、楷書でそれも少し崩した威厳ある
文字にしないとイメージが涌かないですし、またのぼり旗で
洋食や洋菓子では丸ゴチックでソフトな感じを出さないと、
食べてみたい気が起こらないです。

惹かれる

 

もしゴシック体でうどんと表記してあっても、なにか安っぽい
ものになり、本場の手打ちうどんであれば、旗の背景色を紺で
白抜きの太い楷書の字体でないと、惹かれるものはないのは
明白です。

このように広告して売りたい商品ごとに字体は自ずと
決まってきますので、商品のイメージを明確に伝えるには
やはり書体は重要なものといえると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です