のぼり旗の知識を高めることもできます

のぼり旗を設置してお客さんを増やしたい、このように考えるオーナーさんも多いことでしょう。

不動産会社などでは現地販売会や見学会などを開催するとき、道路沿いに複数ののぼり旗を設置してお客さんを誘導するなどの目的で使用しているところも少なくありません。

一般的にのぼり旗と聞いたとき片面印刷を連想される人は多いかと思われますが、片面の場合は表面のデザインが裏側に映り込んでしまうので、文字は反転して見えることになります。反転していても、大きな文字は何が書いてあるのか想像はつきますが、電話番号などの数字などが反転してしまうと間違いのもとになるので注意が必要です。

京都のれん株式会社は、のれんやのぼり、横断幕などさまざまなアイテムに特化している会社で両面印刷ののぼり旗を作りたいときには京都のれん株式会社で注文するのがおすすめです。

両面印刷の場合、間に遮光生地が挟んであるので表側が裏側に透けることはないですし、これにより両面に異なるデザインを作ることもできるメリットもあります。

京都のれん株式会社で注文すれば、両面別柄ののぼり旗の相談はもちろん遮光ツイル・遮光スエード・遮光サテンなど生地の種類も豊富にあるなどおすすめです。

印象に残りやすいのぼり旗の工夫

道路沿いのぼり旗

のぼり旗は、遠くから見たとき認識がしやすいため道路沿いに設置しておくとお店の場所を知らせるときに役立つ存在になってくれます。弁当や定食などの文字を大きく入れておけば、運転中のドライバーがお店の手前から認識できるので、ランチ時などのときには集客効果も期待することができるわけです。

のぼりを作るとき印象に残りやすいものしておくと、そのときは利用しなくても何らかときにそのことを思い出して来店してくれる可能性も高めてくれます。

一般的には、大きな文字で目立つ色合い、派手なものなどを連想する人は多いかと思われますが、このときのポイントは反対色を使うことです。これは両面印刷のときに有効になる手法で、表と裏側で色見を反対色にすることで目立ちやすくなり、それが印象として残りやすくなるといいます。

ちなみに、反対色は補色とも呼ばれるもので色相環で正反対に位置する関係を持つ色の組み合わせです。赤と緑の組み合わせなどが代表的ですが、赤と緑を並べると目がちかちかして見にくいけれども、表を赤にして裏側を緑にすることで、その色味が脳裏に焼き付いて印象付けができます。また、反対色同士で拝啓と文字を表示すると目立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)