のぼり旗に採用されている縫製の種類は?

お店のイメージup

一般的な長方形ののぼり旗の場合、2辺は棒に引っ掛けるための
ループが付けられているので、しっかりと縫合がされていますが、
外側と底辺部分は布端が風に揺られてほつれる可能性が
高い部分でもあります。

外に設置されることも多いのぼり旗では、ほつれのトラブルが
ないように、しっかりと布端の処理がされています。

のぼり旗は布で作られているため、布である以上は
布端があるので、そのままにしていればほつれてしまいます。

ヒートカットなら、熱によって糸同士を溶かしてくっつけて
しまうので、ほつれに対する心配もありません。

布端がごわつかずにすっきりとしていて、
見た目の良さもあります。

使い勝手が良い

また、この部分の縫製の種類としては三つ折り処理が
されていることも多いものです。
三つ折りとは、布端を1㎝程度の幅で二回折ることで
布が三枚重なった状態のことを言い、風で揺られたのぼり旗が
壁などの物に当たってこすれても、三枚の布でほつれを
予防してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)